うみはひろいなおおきいな

ゲームのこととか記事にしてます。

プルメリア~花唄~。

 

こんばんは。

 

ナンダカンダぼくは元気です。

ちなみに藤井隆のナンダカンダはキッズの時にむちゃくちゃ聴いてました。

 

どうでもええっすねすんません。

 

 

今日はゲームの感想書きます。

 

いや、実習中になにしてんねんって話ですけど、言い訳をさせろとりあえず。

 

かなりのハードなスケジュールで過ごす夏休みなんで、身体的にはもちろんですが精神的にも疲れが出てしまってるんですよね。

 

そこでただでさえ汚ったない心の持ち主であるオタクが手っ取り早く癒されることが出来るお話って言うたら、そらエロゲしかないやろって話ですよ。

 

で、早速リサイクルショップに中古のゲーム買いに行ったんですけど、どれもビビっと来なくてですね、何故かほんとにビビっと来なかったんですよ。vivid brilliant doorなんですよ。(おもんな)

 

このままではイカン。少しこれまでの趣向から変えなければ!という事で、今までとは違ったテイストのゲームを探し出しました。

 

 

と、いうわけで前置きがクソ長くなっちゃいましたが、今回プレイしたゲームがこちらです。

 

f:id:yukipo0828:20180911011743j:image

 

「オトメ*ドメイン」という作品なのですが、あ、今から言うことはほとんどの人間が購入してしまうと思う発言になるんですが、右の一番可愛い美少女が主人公です。

 

ん?ピンときてませんか?

 

その制服着てスカート穿いてる男の娘が主人公って言ったんですよ?

 

 

これでもうほとんどの方が密林にポチりにいったのではないかと思うんですが、まぁそう焦んなって。

優しいお兄さんが密林のURL貼っといてやっからよ!

 

 

オトメ*ドメイン https://www.amazon.co.jp/dp/B01C51F2WM/ref=cm_sw_r_cp_api_kRPLBbHCY0Y32

 

 

 

とりあえず、購入はこのレビューを見てからでも遅くないと思うんで、最後まで見てくれよな!

 

 

あらすじは、祖母の他界によって身寄りのなくなってしまった主人公の飛鳥 湊くんが、生前の祖母にお世話になったという高校を経営している同級生のお嬢様に拾われます。

しかし、そこはお嬢様の通う女子高。他に行くあてもない主人公は、女子の制服に身を包み、女子寮に住むことに。

さらに、寮の住人達はお嬢様のイメージとは程遠い残念な女の子ばかり。

果たして、湊くんは男の子だということをバレずに高校生活を終えることが出来るのか!?

 

と、いった感じですね。

 

それでは評価にまいりマリマリ。(まよいマイマイのパクり)

 

 

 

 

シナリオ・・・★★★★☆(4点)

f:id:yukipo0828:20180911021301j:image

 

 

 

設定とかキャラデザをパッと見て購入を決めたんで、正直なことを言うとシナリオに全く期待してなかったんすよ。けれど、普通にいい話が多かったです。

 

まず、なぜこういうゲームで感動するかっていうと、ヒロインの成長が見られるからだと思うんですよ。

スポコンものは当然ですが、そうでない日常系の作品でも、人間として成長していくさまを見られるからこそ、心があったかくなるんだと思うんすよね。

 

 

この作品も、同じ寮に住んでる女の子3人がヒロインなんですけど、3人ともお嬢様なのにどこかしら残念って子で、主人公と出会ってそんな自分を変えたいってことで一生懸命に努力するというお話ばかりだったので、普通に感動できましたね。

 

また、コメディー要素も割と多くて、ラブコメはこうでなくっちゃ!と思わせるような、いや別にこんな小峠みたいな言い方はしてませんけど、なかなか面白い言い回しとかも多くて、読んでいて眠たくはならなかったです。

 

 

 

CG・グラフィック・・・★★★★☆(4点)

f:id:yukipo0828:20180911021539j:image

 

キャラデザがほんと可愛くて、それだけで購入する価値があるんですが、割とCGも綺麗でとても良かったです。

 

エッチシーンでもっと主人公の顔が出てくると思ったんですが、別にそんなことも無かったのでそこもまぁ良かったのではないだろうか。

 

 

 

 

音楽・・・★★★☆☆(3点)

f:id:yukipo0828:20180911124512j:image

 

音楽は、特に特筆すべき点はなかったんですが、音楽というのは作品を彩るひとつの要素でしかないので、これくらいの方が逆にちょうど良いのかもしれませんね。

 

けれど、コミカルなシーンでの音楽は結構ノリの良い感じだったので好きですよ。

 

 

 

 

エッチシーン・・・★★★☆☆(3点)

f:id:yukipo0828:20180911124815j:image

 

エッチシーンは、普通でしたね。

もっとこう、男の娘っていう特性を活かしてくるかなぁと思ったんですが、割と王道な感じでした。

 

しかし、主人公のセリフもフルボイスなので、そこは他のゲームと差別化できるので評価できる点だと思いました。

(主人公のボイス別に要らなかったなんて言えない)

 

 

 

 

ヒロイン・登場人物・・・★★★★☆(4点)

f:id:yukipo0828:20180912003758j:image

 

まず、このゲームの最大の特徴として主人公がめちゃんこ可愛いという点が上げられます。

なので、主人公の立ち絵も頻繁に出てきますし、セリフはフルボイスですし、なんなら主人公が一番可愛いです。

 

まぁそれはひとつの特徴として置いといて、ちょっと登場人物が少なすぎたかなぁという印象。

たまーに個別ルートに名前のあるモブが出てくるんですが、セリフだけだったので少し残念でしたね。

あと2,3人でいいので立ち絵描いて欲しかったかなぁっていうのが正直な感想です。

 

まぁでも主人公含む全ての登場人物が可愛いキャラデザしてるので、そこは高得点をつけたいと思います。

 

それではヒロイン紹介します。

今回は主人公の紹介もしようかな。

 

 

 

 

飛鳥 湊(あすか みなと)

f:id:yukipo0828:20180912005304p:image

 

主人公です。男です。かわいい。

 

当然ですが、物語はこの子の視点で進行します。

見た目は他のヒロインよりもダントツで可愛く、声もただの美少女なのですが、主人公としては最悪でした。

 

・随所随所で見せるネガティブ思考

・ウジウジと悩む女々しさ

・ただのむっつりスケベ

 

なんやこの全てを兼ね備えた山田哲人みたいな男は。

 

特にヒロインに告白されておきながら、「僕じゃお嬢様となんて釣り合わないよ…」とか言い出した際には「うぉぉぉぉぉぉい!!!!!」と声に出してしまいました。それはまるで江頭2:50の如くな。

 

が!!!そんな主人公におけるデメリットを詰め放題したようなキャラでも、ここまで可愛ければ何故かイライラもしなかったしむしろただただほんわかしていたので、これはある意味奇跡の主人公なのではないだろうか。

 

 

 

 

西園寺 風莉(さいおんじ かざり)

f:id:yukipo0828:20180912010431p:image

 

メインヒロインです。

まぁ、王道なメインヒロインでしたね。

 

共通ルートや他の個別ルートでは、湊くんのことを気に掛けてくれたりしつつ、自分のルートではただのポンコツという子でした。

 

けれど、そんな何も出来ない自分を変えようと必死になって努力する様子は、見ていてほっこりしました。

あとこの人めっちゃアホなんですよね。勉強もですけど。

 

まぁ、クールな女の子が不器用ながらに頑張る姿ってのは本当に可愛かったので、とても面白いお話でした。

 

 

 

貴船 柚子(きふね ゆず)

f:id:yukipo0828:20180912010816p:image

 

おっとりしていてマイペースですが、アグレッシブでお転婆というなかなかに面白い設定の女の子でした。

 

いや、なーーんかこのキャラに見覚えあるなぁって思いながら個別ルート読んでたんですけどあれや、かぐや様の藤原書記やわ。

皆さん、藤原書記だと思ってください。

イメージしやすいだろう???

 

しかも新聞部で学園のスクープを毎日追いかけるとかいうこの畳み掛けるような藤原書記感。

 

部屋が汚く料理もグロテスク。という女の子で、個別ルートではそんな柚子さんが花嫁修業として湊くんに弟子入りするといったお話でした。

 

もちろん、湊くんが男の娘バレするシーンもあるんですが、その大事なシーンをすっごくあっさり描いてらっしゃったので、そこが非常に残念でしたね。

 

けれど、お話は普通に面白かったですよ。

 

でもこの人性欲強すぎ。湊くん襲われすぎ。

いや、どのヒロインにも言えることなんですけどね。

 

 

 

 

大垣ひなた(おおがき ひなた)

f:id:yukipo0828:20180912011505p:image

 

本作のロリ巨乳枠。

 

黙っていればただの美少女なのに、厨二病をこじらせている残念な後輩ちゃんです。

 

ぼくはヒロイン云々より、厨二病キャラのあの言葉選びの面白さや、残念な感じがほんとに好きなので、楽しくシナリオを読めました。

 

個別ルートでは、なぜひなたが厨二病になってしまったのかという、過去のお話がテーマでした。

そんな過去を湊くんと乗り越えていくといった、意外と言ったら失礼かもわかりませんが結構感動できるシナリオになっていました。

 

根は素直でいい子なので、イチャついてる時のひなたはマジで可愛かったです。

 

普段の話し方は「~なのだ。」という語尾で話しているとろも非常に可愛いポイントでした。

アライさんかな?

あ、新井さん現役引退ですってね。お疲れ様です。

 

いや、新井さんはどうでもよくって、個人的にはひなたのルートが一番キュンキュンしたかなぁって思います。

 

オッサンがキュンキュンするってひたすら気持ちわりーな。

 

 

 

プルメリア~花唄~

f:id:yukipo0828:20180912012408j:image

 

このブログのタイトルはAqua Timezの楽曲です。

 

 

この歌はごくせんの映画の主題歌なのですが、やっぱりAqua Timezって歌詞がすげーよね。

 

 

この歌がいつか 流行の影にしおれていっても

構わない

君は変わらず きっと花唄で聴かせてくれる

君がこの唄を愛してくれる

 

 

一番最後の歌詞なんですけどこれ凄くないっすか?天才だわ。

 

 

https://youtu.be/No57ykW6rRY

プルメリア~花唄~/Aqua Timez

 

 

ちなみにプルメリア花言葉は「お淑やかで上品」「魅力のある」「美しい」「内気な乙女」です。

 

 

まぁ、ぼくもね、ブログのタイトルはかなり捻って考えてたりするんでね、今後もなんでこんなタイトルにしたのかってのを考えながら読んでくださいね。

 

 

 

 

 

まとめ

f:id:yukipo0828:20180912012134j:image

 

 

今回は、正直シナリオとか全く重視せずに、キャラデザと主人公が男の娘っていう理由だけでこの「オトメ*ドメイン」という作品を購入してプレイしましたが、意外とシナリオが作り込まれていて、思わぬ良作に出会ってしまいましたって感じです。

 

最初に述べましたが、全てのルートでヒロインたちの成長していく過程が描かれているので、普通に読んでいてワクワクもさせてもらいました。

 

 

いやー、やっぱりただ出会って恋愛するだけじゃあ面白くないですからね。そのことに気付かされた作品でもありました。

 

あざ

 

 

 

 

それでは今回このへんで。さようなら。

 

 

 

 

関連記事

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2017/09/06/235156

「星織ユメミライ 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2017/10/01/123101

蒼の彼方のフォーリズム 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2017/10/24/222946

「千恋*万花 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2018/01/02/150645

この大空に、翼をひろげて 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2018/02/27/111435

「見上げてごらん、夜空の星を 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2018/05/18/193736

「RIDDLE JOKER 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2018/07/31/175105

「神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。 感想」

 

 

 

 

おわり

 

 

わたし音頭。

 

皆様ごきげんよう

 

えー、本日をもちまして私、21歳となりましたありがとうございます。

 

無事に抵抗できる歳になりました。拳で。

 

 

まぁ別に書くこともないんでぼくのナイスなトークでもちょろっと喋って終わりますね。

 

 

f:id:yukipo0828:20180828020111j:image

 

今回のサムネはやっぱりこの人。

 

いや、ほんまにな、コイツのおかげで雨宮天さん=沼ボイス声優と化してるけど、ほんまはめちゃくちゃ声が綺麗で透き通ってるんやぞ!!!

 

でも本人の性格のクセは半端ないって!なんですけどね。

 

ここ数年で一気に本性表してきましたよね。

一週間フレンズ。のニコ生の時のあの綺麗な雨宮天さんはどこ!?

 

 

 

いやナイスなトーク言うてますけどね、特になーんも言うことないんですけどね

 

 

 

まぁでも、今日はいろんな方にお祝いの言葉いただきましたんで、ありがとうございますってことは言っておきたいと思います。

 

 

誕生日覚えててくれた人はありがとうね。

 

 

あと、雨宮天さんも誕生日おめでとうございます。

 

f:id:yukipo0828:20180828200130j:image

 

 

 

 

 

 

おわり

ホープランド。

 

 

 

ち    わ

 

 

久しぶり

 

いやーこの数ヵ月何も書くことなくてよぉ、やっとゲームクリアしたから書くだべよ。

 

 

いや〜ほんとお待たせしましたね〜

ぼくが全く更新しない間にもちょくちょく過去の記事を見てくれた人達はありがとうございます。

 

実はこのブログって、アクセス解析ってのがあって何回見られたかってのわかるんですよね。

ぜんっっっぜん更新してなかった時もちょくちょく見られてたのでそれは嬉しかったですね。

 

あざ

 

 

 

で、今回も先程述べた通りにゲームのレビューを書くんですが、なんか他のもん読みたいって人はぼくに直接申し出てくださいね。

恥ずかしかったらSNSでもいいし、なんなら文通でもいいです。

 

 

 

 

しかしさぁ、21歳になるまでもう1ヶ月切ってるのにさぁ、恋愛のひとつもできひんっておかしくない?ばりひどない?

なんで浮気とかする男に限ってそんな毎回チャンスあんねんざっっっけんなよ!!!!!

 

 

えー、すぐ浮気する男と掛けまして

 

 

あくび中のカバと解きます

 

 

その心は

 

 

 

 

口ばっかり

 

 

 

 

はい、それではね、今回感想を述べるゲームは「神頼みしすぎて俺の未来がヤバい」という作品になります。あぁ、画像出ますか。

f:id:yukipo0828:20180731154858j:image

 

どこのブランドかは忘れましたが、初めてプレイさせていただきましたが、面白かったですよ。

 

あらすじは、恋愛がしたすぎて古今東西のさまざまな縁結びグッズやおまじないに手を出していた主人公・神林始くんは、突如現れた自称・縁結びの神様だという麗にこう告げられます。

「あなたはあと一年以内に運命の相手と結ばれないと大変なことになります。」

 

麗が言うには、始がおまじないをやりすぎたことが原因らしく、運命がぐちゃぐちゃになってしまったらしいのです。

「まぁ簡単に言うと、あなたは一生DTのままです。」

 

彼女が欲しい!一生DTは嫌だ!でもどうすれば彼女なんてできるんだ…

 

迷う始に、麗は運命の相手候補である3人と、その子たちとの縁の距離を表す「縁カウント」を見る方法を教えます。

 

しかし、麗から教わった運命の相手候補というのは、「首相の娘」「現役アイドル」「日本最高の探偵」という、一癖も二癖もある女の子たち。

まるで縁もゆかりもなかった彼女たちとの、縁をカウントする出会いが始まる。

 

 

という感じです。文章はほとんど公式のやつ丸パクしました。ごめんちゃい。

 

 

ほな、恒例のアレいきますね。

 

 

 

シナリオ・・・★★★☆☆(3点)

f:id:yukipo0828:20180731160222j:image

 

シナリオは、なんかこう「ザ・王道」って感じでした。こういうキャラのヒロインはこうなるよねっていう予想も付けやすくて、まるで自分は作家なのか錯覚してしまうぐらいでした。(今のはご存知の通り、掛けました。うまい!!!)

 

何年か前に、友人が「エロマンガ先生」の原作を読んでる時に、「展開が読めすぎて読んでいて気持ちがよかった」という言葉をふと思い出したのですが、ほんとその通りになりました。

 

また、結構ギャグっぽいシーンも多く使われており、ライターの方の努力が垣間見えましたね。正直スベってる所も多かったですが、物語を面白くしようという努力が見えたので、素晴らしいと思いました。

 

しかし、縁カウントっていう設定は別にいらんやろって思いましたね。

それぞれのヒロインに初期値が設定されてるんですけど、多い子は減る数がアホみたいに多いし、少ない子はなかなか減らないって感じで、結局ゼロになるのは話がだいぶ進んだ後ってのは変わらないので、別にこのシステムはいらなかったです。好きな時に見られる訳でもないですし。

 

 

 

 

 

CG・グラフィック・・・★★★★☆(4点)

f:id:yukipo0828:20180731161219j:image

 

CGは、枚数はそこまで多くなかった印象は受けましたが、特におかしな所もなければ、「いや、なんでこのシーンでCGあらへんねん!」となるシーンもなかったので、良かったと思います。

ほんと、そういう作品は勘弁して欲しいよね。

あと、ちゃんとCG回想モードもあったので、よかったのではないだろうか。

 

 

 

 

音楽・・・★★★☆☆(3点)

f:id:yukipo0828:20180731161801j:image

 

お姉さん、パンティ見えてますよ。

音楽はうーーん、普通!

 

オープニング曲はノリノリの歌で割とぼくは好きですよ。

作中の音楽は、普通でしたが、違和感もなかったので変にストーリーを台無しにすることもなかったので、まぁ良しとしましょうか。

 

 

 

 

Hシーン・・・★★★★★(5点)

f:id:yukipo0828:20180731163942j:image

 

Hシーンは、これまたライターの方が力を入れているのが見えたので満点にしました。

Hシーンの際の選択肢は、ゆずソフトと同じ択を採用しており、それはそれは良いものを取り入れたなぁと、素晴らしいと思いましたね。

 

また、シナリオをクリアした後にHシーンだけを楽しむアフターストーリーというのもゆずソフトの様に取り入れており、いや、どっちが先にやり出したのかは知りませんがユーザー目線からすると、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

ヒロイン・登場人物・・・★★★★★(5点)

 

ヒロインは、さっきからちょくちょく画像貼ってますが、萌えキャラって感じがして、好きな人はほんとに好きなキャラデザしてます。

 

あとね、このゲーム、ヒロインの私服がほんと可愛いんですよね。

こういうゲームってたまに、意中の女の子と仲良くなって、さぁ!初デートだ!!!ってウッキウキだったのに、いざ女の子が姿見せると「いや、私服ダッッッッサ!!!」ってなって萎えることありません?

ぼくはアマガミでなりました。

ラブリィなんて密猟するジジイにしか見えませんでした。アニメだと改善されてるんですけどね。

 

いや、そんなことはどうでもよくて、ヒロイン紹介すっぞ〜。

今回もぼくが攻略した順番に紹介致す。

 

 

 

周防 由香里

 

f:id:yukipo0828:20180731170729p:image

 

日本最高の探偵という謳い文句の女の子ですが、別に探偵みたいな描写はなかったです。

けれどまぁ、ミステリアスな女の子ではありました。

 

ルートとしてはクールな子がデレたらまぁこうなるよね。っていうお話で、いい意味で予想通りな展開でしたね。

なんかこう、せっかく探偵なんだからそういうお仕事手伝うシーンとかあっても面白いとは思ったんですが、いかがでしょうかね。

 

実は家事も何も出来ないっていう設定はなかなか良いと思いました。

こういう子ってなんでも器用にこなせそうなイメージがあるだけに、そこはかなりポイント高かったですね。

 

 

 

赤城 鈴奈

 

f:id:yukipo0828:20180731173553p:image

 

売れっ子アイドルらしいです。

 

家庭的で優しくて天然でマイペースっていう男が夢見る女の子でした。

でもいい子すぎて、仲良くなるにつれて絶対他のアイドルとかの悪口言うたりして人が変わってまうやろ。って最初に疑ったぼくは、アイドルをなんだと思ってるんでしょうね。

 

全国のアイドルの皆さんすいません。

 

 

ルートはまぁ、普通にイチャラブする話でした。

なんかこう、どのルートでも言えることなんですけど、アイドルの子と付き合ったらこうなるよね。っていう王道なお話でした。

 

けどまぁ、変におかしな話をぶっこみまくってよくわからんことになるよりは遥かにマシだと思うのでこれで良かったんじゃないですかね。えぇ。

 

 

神林 真央

坂白 花夜

 

f:id:yukipo0828:20180731173743p:image

 

 

f:id:yukipo0828:20180731173805p:image

 

サブヒロインです。特にアツいシーンとかはなかったですが、真央はCV.くすはらゆいさん、花夜はCV.遥そらさんなので、それはそれはありがとうこざいました。

 

 

真央は、同い年の従姉妹なのになぜかお兄ちゃんと呼んでくるのが気に入らなかったのでほとんどストーリーも見てないです。制作陣がくすはらゆいさんに「お兄ちゃん」と言わせたいがための感じがしてぼくは痰を吐き散らしました。

 

花夜は、由香里とキャラが被るところがあるので、別にそんなに盛り上がりはしなかったです。まぁでもキャラとしての魅力は大いにあると思ったので、この作品で花夜が一番好き!って人もいるかもしれませんね。CV.遥そらさんだし。

 

 

 

南雲 七海

 

f:id:yukipo0828:20180731170524p:image

 

首相の娘とかいうちょっとどえらい女の子です。いや、その設定は非常に面白いと思うんですけど、現実で考えたら安倍晋三の娘と恋愛するってことでしょ?

いや、あの、ちょっとね、二次元の世界を現実世界と照らし合わせるのは危険だな。

 

とまぁ、七海さんのお話に戻りますが、シナリオとしては生まれてからずっと特別扱いを受けてきた七海が憧れていた、平凡な恋愛をするっていうのを主人公くんが叶えてあげるというお話でした。

うん、これも王道ですね!

 

けれど、終わり方は結構綺麗で、ぼくはなかなか好きなシナリオでしたよ。普通に面白かったし。

 

あと、すっげー個人的な話で申し訳ないんですけど、前回やったリドルジョーカーにも七海ちゃんって子が出てきたので、最初の方はもうごっちゃになってしまいました。

ごめんね七海!(一度に二度謝れる便利さ)

 

 

 

 

f:id:yukipo0828:20180731174114p:image

 

うららと読みます。迷路帖でも灰流でもないです。灰流うららは早よ禁止なれ。

 

シナリオ紹介でも述べましたが、縁結びの神様です。Godです。

なぜか妹ポジになりますが、それは別に良かったんではないでしょうか。

 

主人公くんの秘密を知っているので、他のヒロインの個別ルートにも度々登場しますね。

 

また、麗ルートは全てのルート回収をしちゃう感があったので、最後に攻略した方がええのではないかなぁと思っております。

いや、別に各ヒロインそんな大したストーリーは無いんですけど、多少はお話も楽しんであげてくださいや。

 

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:yukipo0828:20180731174517j:image

 

この作品は、キャラデザもシナリオも何もかも「王道」をゆく作品だったので、なかなかに面白い作品だったと思います。

 

なんかこう、変に世界観とか出そうとしてもスベってしまった時に悲惨なのでやめましょうね。

 

正直シナリオとかで感動するなんてことはないんですが、各ヒロインでもちゃんと目的のあるお話が展開されていたので、読んでいて退屈になるストーリーではなかったですよ。

 

 

 

 

あと、ぜんっっっっぜん更新してなかったのは素直にめんどくさいっていうのが理由だったのですんませんした。

 

これを機にね、またこれからも更新していきたいと思うので、その時は読んでね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

GRAVITY Ø。

こんばんは。こんにちはおはようございます。

 

 

本日はゲームの感想を書きます。

Twitter見てくれた人はまぁご存知とは思いますが、一週間経たずにシナリオ終わらせました。

 

まだアフターストーリーってのがノータッチなのですが、シナリオというよりただ仲良しするだけなのでまた今度1人で楽しみます。

 

 

ほひたら、今回のレビュー作品の紹介をします。

今回紹介するのは、ゆずソフトさんから、「RIDDLE JOKER」という作品です。

f:id:yukipo0828:20180518022316j:image

 

いや〜、安心と信頼のゆずソフトですねぇ〜。

この作品はつい2か月程前に、「千恋*万花」以来のゆずソフトの新作として発売されたばかりの、できたってホヤホッヤの作品となっております。(今年の萌えゲーアワード金賞の筆頭じゃないかと思われ)

 

 

まぁ、ここまでのお話だと全くどんな作品かわかんないと思うのであらすじを説明します。

 

 

まず、現代で「超能力」と呼ばれる特別な能力、例えば簡単に言うと「空を飛ぶ」とか「火を吹く」などそのような力が解明され、人間が普通に使えるようになった世界が舞台になっています。

ピンと来ない人は、「ヒロアカ」の世界だと思ってください。あの作品とは違ってほぼ全員が持っている訳ではありませんが。

この能力は、「アストラル能力」と呼ばれます。

 

で、そんな世界で暮らしている主人公の在原暁(ありはら さとる)くんは、アストラル能力を使って活動する国家の機密組織のエージェントの一員でした。

 

そんな暁くんは、ある任務を任されます。

それは、アストラル使いが数多く通っているのと同時に、アストラル能力の研究を行っている学院に潜入し、有益な情報を集めることでした。

アストラル使いの情報も数多く管理されているので、厳重な警備が敷かれていましたが、妹の七海と共になんとか任務を遂行し、誰にも怪しまれることなく学院に溶け込んでいました。

 

しかし―

生徒会長である三司あやせに正体がバレてしまいます。

それと同時に知ってしまった彼女の秘密、それは。

 

なんと、彼女の胸はパッドだったのです。

誰にも言えない秘密をお互いに知ってしまった2人は、果たしてどのような学院生活を送るのか―。

 

 

ってな感じです。

 

 

 

ほな、各項目の評価書くやで〜〜〜

 

いつものことですけれど、これはあくまで個人的な評価なのでそこんとこはYOROPIKU。

 

 

 

 

シナリオ・・・★★★★☆(4点)

f:id:yukipo0828:20180518134317j:image

 

シナリオは3点にするか迷ったんですが、4点を付けました。ですんで満点寄りの4点ではなく、3点寄りの4点です。

なんだろなー、お話自体はすっごく面白いし、設定なんかも斬新で良かったんですが、肝心のシナリオにそこまで大した盛り上がりがなかったというかなんというか…

 

とはいえ、ヒロインによって格差はあれど、どのルートも楽しかったので、退屈なルートはありませんでした。

 

 

 

 

CG・グラフィック・・・★★★★☆(4点)

f:id:yukipo0828:20180518135958j:image

 

前作の「千恋*万花」では、CGが少なめな印象を受けたのですが、今作はそんなことは思いませんでした。

いや、実際は変わってないのかもしれませんが、あくまでも感覚的な問題なんで。

 

ゆずソフトといえばキャラデザの良さがウリだと思うので、今回も素晴らしいキャラばかりでしたぞよ〜〜。

 

 

 

 

音楽・・・★★★☆☆(3点)

f:id:yukipo0828:20180518140634j:image

 

音楽はまぁ、普通でした。

特に文句もありませんでしたし、オープニングを歌っているのがぼくが個人的に好きな人なので、普通に嬉しかったやで。

 

BGMも変なところはなかったですし、ちゃんと音楽の再生モードも付いてたので良かったと思います。

 

 

 

 

エッチシーン・・・★★★★★(5点)

f:id:yukipo0828:20180518141015j:image

 

エッチシーンはね...

ゆずソフトの作品はいつもいつも素晴らしいもんも見せてくれますよね...

今作も楽しませてもらいましたよ、えぇ、ほんとに。

いつもいつもありがとうございます。

またこれからもよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

ヒロイン・登場人物・・・★★★★★(5点)

f:id:yukipo0828:20180518141517j:image

 

これも満点です。

ゆずソフトさんの作品は、ヒロイン以外の登場人物が少ないかなぁっていう印象を受けますが、多けりゃいいってもんではないのでまぁ良いでしょう。

 

また、今作は珍しく敵キャラの立ち絵も存在するので、これは思い切ったなぁと思いました。

 

では、ヒロイン紹介をします。

 

今回は、メインヒロインを最後に攻略したので、ぼくが攻略した順に紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

在原 七海 (ありはら ななみ)

f:id:yukipo0828:20180518142033j:image

 


毎度どうもこんにちは、義理の妹です。

まぁ暁くんが複雑な事情の人なので親父が謎の再婚し始めたとかそんなのではないからそこはいいとして。

 

CVがくすはらゆいさんっていう業界では有名な方なので、声は聞き慣れており全く違和感は感じませんでした。

しかし、くすはらゆいさんのキャラにしては珍しくというか、ぼくが知らないだけかもしないけれど、意外と巨乳っていう子でした。

まぁこれもメインヒロインが貧乳だからっていうのもあるんでしょうが、そこは斬新というか、逆に良かったと思います。

 

 

ところどころで見せる小悪魔的な振る舞いであったり、エッチシーンで見せるSっ気のある言動や行動は、うれC、たのC、すばらC。

 

七海はエージェント暁くんのバディなので、共通ルートでも他の個別ルートでも割と登場回数が多く、ストーリー的にはかなり重要なポジションでした。

個別ルートのストーリーは別にここでお話するほどの大それた事ではないんですが、どうしてもエージェントってことを詳しく知ってるのが七海だけってこともあり、他のヒロインの登場回数が極端に少なく、いやまぁ七海の個別ルートだからそれはいいと思うのだけれど、なんか2人だけで完結しちゃったなぁって印象は受けました。

 

 

けれど最後の最後では、全員で協力するシーンもあったので(どっちよ)、読んでいてアツくはなりました。いや、登場人物が協力して敵を倒すシーンとかめちゃ胸熱くなりません?

 

まぁそれは置いとひて、義理とはいえ「ザ・妹キャラ」っていう子だったので、ぼく実はロリコンだよって。誰にも言ったことないけれどシスコンだよって。実はすっごく妹が欲しかったんだよって。は?お前妹おるだけで人生勝ち組やろって。そんな人には是非攻略していただきたいキャラになっています。

 

まぁ、妹おる身としてはマジでラッキースケベとかでも自分は宗教でも開けるんじゃねーかってくらい鋼鉄のメンタルでなんの下心もなく時間を過ごせますがね。

 

 

 

 

二条院 羽月 (にじょういん はづき)

f:id:yukipo0828:20180518142228j:image

 


ポリリンの娘さんで、正義感の強い女の子です。

 

CVは遥そらさんです。大事な事なことなのでもう一度言いますがCVは遥そらさんです。

これだけで買う価値ありますよね。あるよね?

 

 

そうですね、童貞のキミたちにもわかるように言うと、「T〇 L〇VEる」の九〇凛パイセンのような人です。(隠す気がないなら隠すな)

 

 

ルート終えた感想としては、ま~~~~~~~~~典型的なダメ男製造機です。ビビるぐらい尽くしてくれます。更には「最後には私の所に戻ってきてくれるなら浮気してもいい」とまで豪語する始末。

 

や、ダメだろ。浮気するヤツが戻ってくるわけないだろ。

だいたいな?浮気する男もそうだが、女とすぐ別れて新しい彼女作る男な?Twitter見る度に違う女と付き合ってる男な?あれな、はっきり言うて自分にはいくらでも付き合える女おると思ってんねんって。意味わからんくないか???なんでそんな自惚れたやつに限ってそんなに何回も何回も女と付き合えるチャンスあんねん意味わからんわ結局顔やんけ!!!

 

もー知らん!羽月結婚してくれ!!!

 

 

 

 

壬生 千咲

f:id:yukipo0828:20180518142531j:image

 


苗字難しいですね。これがゆずソフトか...

だがここで敢えて言わないでおくぞ。

すぐに答えを知ろうとするのは、頭の良いキミたちの悪い癖だからね。

そう、すぐに答えを知ろうとするのは、頭の良いキミたちの悪い癖だからね。

 

 

サブキャラだったのでストーリーも特に何も無くただ妹の友達のロリ後輩をアレするだけでした。

 

そして気をつけて欲しいのは、千咲ルートが開放されるのは、他の4人のいずれかのルートをクリアした後になります。

いきなり妹の友達とかいうドスケベキャラを攻めるなんて良くないぞ☆☆☆☆☆

っていうゆずソフトサイドからの忠告と受け止めましょう。

 

 

キャラとしてはコミュ力お化けの後輩って感じの子でした。

ところでこのコミュ力なら無人島でも生きて行けそうなので、T〇KI〇の新メンバーにぴったりだと思うのですが彼女はベースとか弾けたりしますかね?(だから隠す気がないなら隠すな)

 

 

 

あとこの子の苗字は「みぶ」と読みます。

何だかんだ読み方を教えてあげるあたり、ほんと優しい惚れた抱いて。

 

 

 

 

式部 茉優 (しきべ まゆ)

f:id:yukipo0828:20180518142812j:image

 


本作のお姉さんルートでした。

アストラルについて研究をしている人だったので、能力のことについて一番語られていたという印象を受けました。

 

シナリオもちゃんと作り込まれていましたし、いや他の人が手抜きだったとかそういう事ではなくて、言葉のアヤっていうやつです。

 

 

兎に角、シナリオも良かったですしこの女の人どエロかったので年上のお姉さんに包み込まれたいし甘えられたいって人、今がチャンスですよ!

 

茉優さんのルートは永遠にイチャイチャラブラブするので、エロゲを自分の分身として置き換えてプレイする人にはハートブレイクするかもしれません。

 

 

え?キミたちもしかして高校の時に教室の隅で遊戯王ポケモンをしてたオタクじゃないの???

 

 

 

 

三司 あやせ (みつかさ あやせ)

f:id:yukipo0828:20180518142949j:image

 


メインヒロインです。

 

誰からも愛される生徒会長。

というのは表向きで、実はめちゃくちゃめんどくさがりで口が悪く、豊かなおっPもパッドとかいう非常に残念な人でした。

 

 

感覚的には、アマガミの絢辻さんみたいな人です。

絢辻って聞いて自称ニコ生チャンピョンの顔がチラついた人はあとで正直に申し出て下さい。

 

 

 

まぁそれは置いといて、動物でいうたら猫みたいな女の子がデレるからこそ良いのではないかなあと思います。

 

あやせは共通ルートでは主人公にパッドのこといじられたりして面白い人だったのですが、個別ルート行った途端にカッコイイキャラに変わりました。そこのギャップも良かったです。

 

 

シナリオもメインヒロインと言うだけあって、かなり力が入っていました。しかし、あやせは茉優ルートの後にした方が綺麗に追われるんじゃないかなぁと思います。

 

と、いうかあやせは共通ルートとかで起こったことや他の個別ルートで起こることを全て回収してしまうので、絶対に最後にやるべきです。

 

ぼくも最後にやったんですが、自分でやってて、これ最初にクリアしてたら萎えるやつやんと思いました。

 

また、あやせルートはよく見ると伏線の嵐なので、このルートは2回見ても面白いんじゃないかなぁと思います。

いや、ほんとにエッチシーン以外ほとんどフラグちゃうん?ってぐらい伏線が転がっていました。

 

 

 

 

 

 

GRAVITY Ø

f:id:yukipo0828:20180518143148j:image

 

先日解散を発表されたAqua Timezの歌です。

この歌は、1番は応援ソングっぽい歌詞なのに、2番以降はラブソングになるっていう面白い歌です。

 

いや、ほんとにAquaは中高生の時にめちゃくちゃ聴いて、未だにふと思い出した時に聴きたくなる曲が多かっただけに、解散と聴いた時はショックでした。

 

特に歌詞はぼくが聴いてきたアーティストの中では一番心に響くと言っても全然過言ではないので、興味がある人はぼくに聞いてくれたらオヌヌメの曲とか教えてあげますよ。

 

https://youtu.be/DFuEVyzwEUE

Aqua Timez 「GRAVITY Ø」

 

 

 

まとめ

f:id:yukipo0828:20180518143552j:image

 

その作品は、ファンタジー要素が多く、ジャンプ系好きな人もラノベ好きな人も好みなシナリオでしたよ。

 

主人公の暁くんも、「これぞ、物語の主人公!」って人でかっこよかったですし、シナリオを読んでいてとても面白かったです。

 

 

それでは、まとめることもあんまないので今回はこれにて終わりとします。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

関連記事

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2017/09/06/235156

「星織ユメミライ 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2017/10/01/123101

蒼の彼方のフォーリズム 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2017/10/24/222946

「千恋*万花 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2018/01/02/150645

この大空に、翼をひろげて 感想」

 

http://yukipo0828.hatenablog.com/entry/2018/02/27/111435

「見上げてごらん、夜空の星を 感想」

 

 

 

 

 

 

おわり

 

恋愛強者によるネカマ講座。

 

こんばんは。

 

 

本日は皆さんにある案件についてレクチャーしたいと思います。

 

 

内容はタイトル通りなんですけど(コイツ正気か?って思うでしょ。ぼくも思う。)

 

 

恋愛強者は今更言うまででもないとして、ネカマのことについてです。

 

 

実はぼくつい2日前ぐらいに友人とTwitterネカマ垢作ろうぜってその場のノリでなりまして、活動を開始したんですよ。

 

ターゲットは比較的チョロそうな界隈に目を付けたんですけど(さすがに伏せます)、結論から言います。

いとも簡単にチヤホヤされ、囲いを作る事に成功いたしました。

 

 

なんか設定とか色々考えてめちゃくちゃ作戦も立てて挑んだんですよ。

 

けれど蓋を開けてみたらなーーーーんも考えずに優しくして女の子みたいなこと言ってたら面白いようにオタクたちがチヤホヤしてくれました。

 

 

正直な話ぼくは恐怖すら感じております。

 

まさかこんなにも男がアホな生き物だとは思いもしませんでした。

 

 

まぁ女の子に擬態するっていうのは意外と難しいようで簡単なので良かったらみなさんもどうぞ。

 

 

しかしここで注意して欲しい点がいくつかあります。

 

 

 

 

 

 

 

①自分で矛盾を生み出さない

 

これはほんとに気をつけてください。

要するに自分ではない人間に「なりきる」ので、例えば生年月日であったり在住地や家族構成など、変わることのないものについては、発言する際にメモを取るなどの対策を取り、自ら矛盾点を作り出してしまい墓穴を掘らないようにしてください。

基本的にミスをしない為には家族構成などに関しては自分と同じにした方が良いかと思われます。

 

 

 

 

②画像をアップする際には細心の注意を!

 

これもほんとに注意してください。

写真をアップする際には画像の隅から隅までをきちんと確認してからアップしてください。

どこに自分の顔が反射しているかわからないし、端っこの方にうっかりとありえないようなものが映ってたりする可能性もあるので、携帯などのスクショも含めて本当に細心の注意を払ってください。

 

 

 

 

いくつかって言うたけど思いついたのこれだけでしたね。

 

まだまだ、万が一風景の写真を撮る時に自分の目線で撮ってしまうと「あれ?この目線の身長だとおかしくね?」となる可能性があるので携帯の位置を地上150センチくらいのところに調整して写真撮る

 

みたいなんもあるんですけどさすがにコイツガチやんって思われそうなのでやめます。

 

 

ちなみにまだまだこの活動は続けて行くつもりなので、詳しく受講したい方や釣果を知りたいって方はまた直接ぼくのところまでお願いします。

 

f:id:yukipo0828:20180430222755j:image

※↑のツイートをしてから一日も経ってません

 

 

 

 

 

いいか、男のコたち!

 

悪い女の子に騙されちゃダメだぞ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

君のこころは輝いてるかい?。

こんにちは。

 

いきなりですが最近ゲームに飽きてしまいました。

 

 

で、引きこもりのお前がゲーム以外に何をしてんねんって話ですが、いやほんまにやることないんですよ。

 

 

んで、何かしらのアニメでも見ようと思い立ったぼくはアニメが好きな妹にオヌヌメのアニメを聞いてみたんですよ。

 

そしたら食い気味に「ラブライブサンシャイン」と言われたので早速来週から見ようと思っています。

 

ラブライブの無印の方は5千兆週見たんですが、サンシャインは1期の7話ぐらいでしんどくなって見るのやめたんですよね。

 

なので一応メンバーの顔と名前一致してるしそれぞれがどんなキャラなのかもほんとにだいたいですけど知っています。

 

 

というわけで今回はラブライブサンシャインエアプのオタクによる作品紹介をします。

 

✝︎ラブライバー✝︎の人からしたら全然ちゃうやんけってなるかもしれませんが、ガチで詳しくないのでご了承ください。

 

f:id:yukipo0828:20180413011446j:image

 

 

まずAqoursってグループ名はオタクの投票によって決まったってことでよろしいですよね?

μ'sが確かそうだったのでそのはずです。

 

それよりAqours(アクア)ってグループ名めっちゃかっこよくないですか?

でもぼくの中でアクアって言うたらAqua Timezなのでぼくはこの人らのことを「Aqours」ってあんま呼んだことないです。

 

だいたい「コイツら」とか「アイツら」だの言うてると思います。

バリひどなぁ〜い。

 

 

 

ほんで、アニメ見るにあたって声優陣をかなり重要視している童貞クソキモオタクのぼくは、ラブライブサンシャインのニコ生を見られるだけ見てきました。

 

やっぱりμ'sの声優があれだけ人気なこともあり、コイツらの声優陣はかなりルックスのレベルが高かったです。

 

そこもコイツらの人気のある理由なんでしょうが、喋りも普通に上手でボケとツッコミもきちんとこなしていたので、主人公の声優がAVに出始めたりしなければ、人気の急降下ってのは無いと思います。(いや、あれは本人と事務所が否定しているので本人じゃないですよ!!!そらそうやろ!本人が否定しとんやぞ!いい加減にしろ!!!)

 

 

 

 

 

じゃあうろ覚えメンバー紹介します。

ちなみにリアルタイムで見てて、そこから見るのを断念したので最後に見たのは2年ぐらい前だったかな。そんなレベルです。

 

ではグループに入った学年順に行きます。(さすがに細かい順番までは覚えてないのでそのへんはテキトー)

 

 

 

2年生

 

 

高海 千歌

f:id:yukipo0828:20180413012736j:image

 

 

主人公です。名前の漢字を今知りました。

主人公なのでアニメで登場した回数は一番多いはずなのにあんま記憶にないです。推しの人はすまん。

 

なんだろなー、声優さんはとても可愛らしい方なんですけどキャラの記憶がほとんどないんですよねぇ。。。

 

まぁ元気いっぱいの女の子!ってことは覚えてます。

以上です。

 

 

 

 

 

渡辺 曜

f:id:yukipo0828:20180413013319j:image

 

妹の推しメンで、家の至る所でコイツのフィギュアだのポスターだのを見かけます。

その影響もあってかぼくもこの子が一番好きです。

 

水泳部とかいうドスケベキャラで、第1回の総選挙で1位取って、恋になりたいAQUARIUMという曲ではセンターでした。

 

妹は曜ちゃんの声優さんもめっちゃ好きらしく、よくTwitterとかにアップされている画像を保存してるらしいです。

てか何が1番びっくりってその人とぼくの歳が1個違いってことですよ。こりゃあたまげた。

 

 

 

 

桜内 梨子

f:id:yukipo0828:20180413014054j:image

 

ツリ目で赤髪でピアノ弾くっていうまさにあの方を彷彿とさせる人でした。

初登場の時はクールキャラだったけど、ガチの百合っていう設定を付けられてなんか色々迷走されてましたね。

 

声優さんもなんか梨子っぽい人で人気ありそうな人だったんですけどめっちゃアホでした。

 

第1話で海に飛び込んだことは覚えてるんですがあれ何のつもりだったんですかね?

理由言うてた気がするんですけど忘れました。

 

 

 

 

1年生

黒澤ルビィ

f:id:yukipo0828:20180413014655j:image

 

いや、名前。

この人はある事件のせいで完全に友達とネタキャラの代名詞みたいになってますけど、実はそんなによく知らないです。

 

にしてもルビィって名前やばないですか?

ぼくがもしルビィって名前に生まれてたとしたら恐ろしくて仕方ないです。

だってこの名前だと小学生あたりで絶対グラードンのモノマネとか強要されるでしょ。

 

しかしμ'sに憧れてるのは知ってますけどそれ以外の設定とかよくわかんないっす。

というかこの人途中から影薄すぎて全然覚えてないっす。

 

 

声優さんはものすごく面白い人でした。

 

 

 

 

国木田 花丸

f:id:yukipo0828:20180413015412j:image

 

いや、名前。

花丸とかいう刀剣乱舞のアニメみたいな名前付けられたあげく語尾に「ずら」を付けることを強制させられた可哀想な人。

 

けど妹情報によると、人気ではそこそこ上位にいるらしいです。

まぁ普通に可愛いしね。

 

 

 

 

津島 善子

f:id:yukipo0828:20180413020011p:image

 

厨二病アイドルでしたっけ。

んーまぁ悪くないキャラだとは思いました。

それに加えて残念キャラで、無印で言う矢澤にこみたいな立ち位置の人でした。

 

この人も人気はトップクラスらしいので、要チェックですね!

 

声優さんの演技というか声の変わりっぷりが上手かったので凄いなぁと思いました。

ただ全然知らん人だったんで今後頑張ってください。

 

 

 

 

3年生

黒澤 ダイヤ

f:id:yukipo0828:20180413020428p:image

 

いや、名前。

名前の通りルビィの姉貴です。

グループに入る前はお堅い生徒会長だったのに、加入した途端に面白キャラになってしまった残念な人でした。

 

もう少しキャラを立ててあげても良かったんじゃないですかねぇ。

現にキャラクター人気も最下層のようですし、公式がもう少し努力してあげましょう。

 

ただ、声優さんが元女優さんかなんかでかなり顔立ちの整った可愛い人だったので、オタクはそこに食いつくんじゃないでしょうか。

知りませんけど。

 

 

 

 

松浦 果南

f:id:yukipo0828:20180413020842j:image

 

ポニテのおっぱいでかい人。

っていう印象。

印象というか事実ですし。

 

なんだろなぁ3年生が加入してすぐに見るの辞めちゃったんで正直あんま知らないんすよねぇ。

 

第1回の総選挙で最下位だったのをアニメで水着姿晒してオタクの心を掴み、第2回の総選挙で1位に輝いたってことは知ってます。

 

ここまでの話だとただのエロキャラになってしまいますね。

でもぼくの知識じゃこっから捲れないので果南ちゃんごめんやで。ここで終わらしてもらうやで。

 

 

 

 

 

小原 鞠莉

f:id:yukipo0828:20180413021414j:image

 

現役JKのくせに高校の理事長やってる意味不明な人。

公式ではこの人はどんなキャラなんですかね?

破天荒なのかアホキャラなのかもよくわかりませんでした。

 

人気があるのかどうかすらも不明。

妹にこの人のこと聞いても「そんなことより明日遠足でユニバやから朝駅まで送れ」って言われたので情報がないです。

 

声優さんもあんま覚えてないです。

 

 

 

 

以上でメンバー紹介終わるんですけどほんま適当になっちゃったことは謝ります。

スマン。

 

 

曲も3曲ぐらいしか知らないんで語れるほどのエピソードもないです。

 

 

また時間見つけてアニメ見ときますんで、その時はまたブログ上げるかもしれんしTwitterで感想言うかもしれんし何も言わないかもしれんしそもそも見ないかもしれない。

 

 

そこは未来の自分に聞いてくれ。ついでにいつになったら女の子と喋れるようになってるのか聞いといてくれ。

そしていつになったら恋愛できるのか聞いといてくれ。不器用な心震わせてな。(安っぽいJPOP風)

 

 

 

 

さすがにこれ以上言うと卍ラブライバー卍に消されるので今回はこれにて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

小出し小噺。

 

 

 

こんちゃ

 

 

実はゲームのレビュー書いてたんですけど、なんかシナリオの薄さとシステム不良の嵐からほとんど批判みたいになってしまって、良くないと思ったのでお蔵入りにします。

またひょこっと上げるかもしれませんが。

 

 

 

と、いうわけで今回はわざわざ報告する程でもない小噺をいくつかお話したいと思います。

Twitterとかで言うたこともあるかもしれませんがそれは御免こうむる。

 

 

f:id:yukipo0828:20180326225612j:image

今回のサムネは艦これの加賀さん。

しばふ絵の加賀さんもいいけどアニメだと意外と表情豊かでした。

ちなみにぼくは艦これだと羽黒ちゃんがすきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

・母と妹とまたまたカラオケへ

 

妹の部活が雨で休みになったので先日3人でまたまたカラオケ行ってきました。

皆さん親とカラオケ行ったことありますか?

うちの母は選曲が現代アニオタなのですが、その日は1曲目から内田真礼の『ギミー!レボリューション』歌い始めてさすがのぼくも「えぇ…」ってなりました。

って話です。

 

ちなみにけいおん!ハルヒラブライブ!物語シリーズも歌います。

 

一体誰の影響なんだ!ふざけるな!

 

 

 

・紛失していたiPodが無事発見される

 

これほんまどうでもええんですが、見つかりました。

別に困ってたわけでもなかったんですが、部屋片付けてたら出てきました。

でもまぁ聴きたい曲はiPhoneになんぼでも入ってるんで多分出番はもう来ないと思われます。

 

 

 

 

・例のファンディスクを購入&プレイ

 

前回レビュー書いたゲームのファンディスクを買いにはるばる大阪へと行ってまいりました。

あれ意外と売ってなかったんすよね。

 

まぁファンディスクなのでワンルート1~2時間くらいで終わっちゃったんでさすがにこれのレビューは書かないかなぁ。

けど今作で追加されてた吉岡ルートと美晴ルートは普通にいい話でしたよ。

もうちょいシナリオ長くても全然見られましたね。

 

f:id:yukipo0828:20180326215949j:image

吉岡ちゃんピュアっピュアで可愛かったです

 

 

 

 

 

おもひでぽろぽろメイド喫茶編~

 

ラストです。

メイド喫茶行った時のことを綴ります。

まあまあ長めです。

5年ぐらい前の話なんで曖昧ですけど。

 

 

まず中学の同級生と2人で大阪・日本橋に行ってブラブラしてたんですよ。

そしたらその友達が「人生で1回ぐらいメイド喫茶を経験したい」とか言い出したもんで、まぁぼくも行ったことないし興味のある世界だったので付き合うことにしました。

 

が、2人とも店舗情報に詳しいわけもなく、全知全能の神であり古今東西のあらゆる情報をお届けしてくれるGoogle先生にお聞きし、日本橋で一番評価の高いお店に足を運んでみることにしました。

 

 

店の前についたオタク2人は、ドアを開けるのを躊躇います。

そりゃそうだ。知識の中にあるのはこの扉をくぐった瞬間に「お帰りなさいませご主人様♡」と名前も知らないナオンに言われることだけなのだから。

しかも表に出てるメニューが軒並みたけぇし。

 

………もう帰る…?

そんな雰囲気だけが2人を包む。

あとは言葉にしてこの魔境に背を向けるだけだった。

その時だった。

 

店の中から先客のご主人(確かオッサン)が扉から出てきた。

もちろんそれを精一杯の笑顔で見送るメイドさん

「行ってらっしゃいませ、ご主人様♡」

あぁ、それ本当に言ってんだ…。

 

そう思った矢先、そのメイドさんと目が合ってしまった。

 

「お帰りですか?ご主人様?」

その言葉を聞いて2人とも引き下がれなくなった。

結局そのオッサンがタイミング良く店を出たのが引き金となり、オタク2人は禁断の地であるメイド喫茶へと足を踏み入れてしまったのである。

 

何人ものメイドさんに迎えられながら席に座るぼくたち。

ちなみに当時は冬休みで、クソがつくほど寒い日だったことを覚えている。

 

案内された席は暖房の真下。

いくら今日が寒い日だろうとさすがに暑くなりすぐに2人とも薄着になった。

 

そしてメイドさんからメニューが手渡された。

2人とも喉が渇いていたので飲み物を注文することに。

しかしたっけぇなおい。

そんな話をしていると、ドリンクメニューの右側に普段は見かけない「萌えキュン♡」という文字が。

 

これはまさか、よくテレビとかでやっている美味しくなる魔法とかいうやつではあるめぇな…

せっかくなので(多分もう二度と来ないから)頼んでみよーぜってことで2人とも萌えキュン♡付きでドリンクをオーダー。

+50円だったかな?忘れたけど。

 

ついでにこの店の一番のオススメを聞いてみたところ、唐揚げが美味しいとのことだったのでそれも加えて注文した。

 

注文するとすぐにドリンクが届いた。

ここからはお待ちかねの萌えキュン♡タイムだ。

 

まずはぼくから。

さっきも言ったが多分もう二度と来ないし、せっかくだから恥ずかしがらずにちゃんとやることにした。めちゃくちゃ嫌だったけど。

『私が萌え萌え♡って言いますから、ご主人様はキュンキュン♡って言ってくださいね♡』

なるほどガチのヤツね。

よかろう…。

 

『萌え萌え♡』

「キュンキュン!」

『萌え萌え♡』

「キュンキュン!」

 

やってやった…

やりきってやったわ…

こうすることによって後攻めの友達もやりやすくなるだろう。

なんとぼくは友達想いなんだろうか…

 

『それではこちらのご主人様も行きますよぉ♡

萌え萌え♡』

「キュ…キュンキュン…/////」

『萌え萌え♡』

「キュンキュン………/////」

 

やりやがった!!!

こいつ!ぼくの気遣いを台無しにしやがったッッ……!!!

 

 

そんなこんなで無事に(?)萌えキュンを乗り越えたぼくらは、ドリンクを飲みながら唐揚げを待っていた。

 

しかし暖房の真下は暑いし乾燥するので早くしていただきたい。

 

横のテーブルでは常連客であろうご主人様(確かオッサン)が萌えキュンをノータイムで注文して満足そうな顔を浮かべていた。

 

………まぁ、オッサンがそれでいいならいいけど。

 

 

すると他のメイドさんがぼくらの席にやってきて驚きの言葉を口にした。

『すみませ〜ん♡唐揚げなんですけどぉ♡今日売り切れちゃっててぇ♡』

 

 

これはさすがにたまげたなぁ…

もうメイドさんがこんなあからさまな口調だったのかどうかすらも怪しいわ。

 

 

でもそこから店内にあった漫画を2人でひたすら読んでたんですけれど、こちらから絡まなければメイドさんも何も言ってこなかったから、なんだかんだで居心地は悪くなかったって記憶がありますね。

 

 

でもまぁ、二度と行きませんけどね。

 

 

 

 

 

どうだい?

 

時間の無駄だっただろぅ???

 

それは書いているぼくも同じサ!

 

 

では今回はこの辺で

 

 

 

 

 

 

おわり